社会は夢の共同体 - 名無し -

Society is Community of Dream - Anonymous -

2018

ink-jet print, Variable size

Anonymous

明治・大正の時代、精神疾患を抱えた当事者をいわゆる座敷牢に監禁していた当時の現状を記録した

『精神病者私宅監置ノ実況及ビ統計的観察』(呉秀三、1918 年)には、記録写真が載せられている。

いくつかの写真を見ると、当事者の顔は認識しづらく影に溶け込んでいるような状態が多く映し出されている。しかし、それ以上に特徴的であったのが、当事者の家族や医療従事者と見受けられる顔についてだ。それらは顔に対して白抜きや黒塗りの処理、あるいは顔を映さず体の一部分のみが映り込む等の表現となっている。これらが撮影者や呉による意図であったのかは不明だが、そういった表現から私は見てはいけないものを見ている気がした。

顔のない写真を見ていると、私は現代の精神科福祉施設が公開している機関紙やweb上の写真との類似性を感じた。顔が映らない写真については様々な考え方があると思うが、私が以前精神科福祉施設に勤めていた場合には、個人情報保護の観点や、問題を起こさない、病状を悪化させないという施設の考え方から、利用者の方の顔は当然のようにモザイク処理を施していた。見えないようにすることは善意から起こる配慮だと理解できる。しかし、その一方で、見えないようにしてしまうことは、一人の人間として見ることを否定する心理的作用があるようにも思えた。血の通った笑顔を消してしまう怖さ。

作品では、上記のいくつかの写真をプロジェクターに投影し、誰だかわからない名無しの人物をなぞるように作家自身が映り込む写真である。作家自身が映り込むことにより、顔のない人物をより際立てさせ、顔がないという事実を可視化する。また、私は写真に映る人物の動作を模倣している為、私宅監置にまつわる行為の加担をしているかのようにも映る。傍観者でなく、むしろ加担しているかもしれないということ。私たちは無意識のうちに多くの問題を目に見えないものとして扱う。

見てはいけない/見えないように扱うこと、そういった人間の無意識の心理から着想した作品。

この写真に写っている人々の精神は、モザイクのようにぼんやりとしか映らない。

During Meiji and Taisho era, People with mental illness were privately kept in confining rooms. There is a document with photos titled ’Report and Statistical Observation on Private Confinement of Patients with Mental Illness’ (written by Shuzo Kure, published in 1918).Some of the photos show the faces of psychiatric patients as if they were unrecognizable and blended into shadows. But even more striking was the face of what appeared to be a family member or health worker of a mentally ill patient. These images are composed of a photograph in which the face is subjected to blanking or blackening, or a photograph in which only a part of the body is captured without capturing the face. It is not clear whether these expressions were intended by the photographer or Kure, but I felt like I was looking at taboos.

 

Looking at the faceless phots, I felt they were similar to the pictures posted on modern mental welfare facilities and websites. I think there are many ways of thinking about photos that don't show faces, but when I used to work at a psychiatric welfare facility, the faces of users were naturally mosaicized from the viewpoint of protecting personal information and from the viewpoint of the facility's concept of not causing problems or making them worse. I can understand that the mosaic is made out of goodwill. On the other hand, making it invisible seemed like an act to deny seeing as a human being. The fear of erasing a lively smile.

 

In this work, the above phots is projected on a projector, and the artist himself reflects it as if it were an anonymous figure. By showing the author himself in the photograph, the faceless people are made to stand out more, and the faceless fact is visualized. Also, because I imitate the actions of the person in the picture, I look like a person who is involved in the actions related to private house confinement. The implication of complicity rather than bystander is that we unconsciously treat many problems as if they were invisible.

This work was inspired by the unconscious psychology of people who turn a blind eye to a problem or existence.

The minds of the people in this phots look blurred like a mosaic.

 

 

 

 

 

Untouchable

22 Feb - 10 Mar, 2019

Kitasenjyu BUoY 2F gallery | Tokyo, JPN